公選ハガキのテンプレートはどこですか?(選挙印刷専門店)

皆さんおはようございます。選挙印刷専門店です。
春の統一地方選挙が、4月12日・26日に行われますが、前半の選挙まであと「64日」です
市長・町長・村長・都議会・府議会・区議会・県議会・市議会議員選挙に立候補予定の皆様準備はお済みでしょうか?
毎日カウントダウンを続けております!

今日は出張です。このコメントがアップされている頃はおそらく飛行機の中
南岸低気圧が日本を覆うという事で、東日本は雪らしいですね!
雪国生まれの強さを見せつけてやれ!なんていきがってますが、わたし寒さにはすんごく弱いです;;

さて、本題の「公選ハガキのテンプレートはどこですか?」

このように昨日お客様からお問い合わせ頂きました

当社には、選挙印刷専門店のほかにオフィシャルのHPがあります
1999年にドメインを取得しているんで、プレミア付いているようです・・・
プレミア付いていても、仕事させて無かったら、実はもったいないHpなんですけどね^^;

6032 5035

公選ハガキを作るための「テンプレート」は、こちらに、色々なテンプレートを準備しております

・政治活動用ポスター
・選挙リーフレット
・選挙ポスター
・名刺
・封筒
・公選ハガキ
・選挙封筒

いろいろあります。どうぞご利用下さいませ

選挙に関わるすべてのお客様に、分かりやすく割安にご発注ができるように今後も取り組んで参ります。選挙に関わる印刷物のサンプルの送付や特殊な仕様の見積もり依頼もお待ちしております。

公選ハガキ情報に追記をさせて頂きます。公選ハガキの制作費用については実費となりますが、郵送については、公費(国が補助してくれる)にて補助してもらえます。
国政選挙は「35,000枚~」都道府県知事選挙「35,000枚~」県議員選挙は、「8,000枚」政令指定都市 市長選挙「35,000枚」市長選挙「8,000枚」政令指定都市 市議員選挙「8,000枚」市 議員選挙「2,000枚」町村長選挙「2,500枚」町村 議員選挙「800枚」の郵便代金を公費にて郵送することが可能となるのです。管轄する選挙管理委員会によって対応が異なる場合もありますので、事前にご確認することをお勧めします。
郵送するには、もちろん個人情報のデータが必要となります。事前に政治活動を行っており後援会が存在するのであれば、ぜひこの機に「公選ハガキ」を作成してみてはいかがでしょうか?公選ハガキの料金表も「こちら」からご確認ください。