政治活動ポスターの注意点

いつもご利用ありがとうございます。政治活動用ポスターの印刷専門店です。
ここ1か月で政治活動用のポスターの印刷を請ける事は増えてきましたが、そろそろ来年春に予定されている
統一地方選挙を選挙日に設定されている方にとっては一旦区切りを迎えようとしております。

といいますのも、政治活動用ポスターは、選挙前に行っている活動で利用されるのが目的の掲示物となります。
もちろん最終目的となる選挙で当選を意識した掲示物となるので、選挙の少し前から活動を強めている方が多いものです。
自治体にある選挙管理委員会で決められたルール(任期満了日からさかのぼって6か月まで)となっているので、来年春の統一地方選挙だと、4/25~4/30に任期満了を迎えているなら10/25~10/30での掲示となるのではないでしょうか?
しかしながら、無駄に予算を使いきらぬよう「演説会、座談会等」の活動にも利用できるように日時が後書きで記入できるように印刷しておくことがベストです。

A1ポスター印刷翌日発送 

もっとも利用される政治活動用のポスターは、A1サイズですが、コンパクトなA2サイズというのもございます。
納期に余裕を持たせて制作すれば、予算も抑えられます。
しかしながら、緊急事態での「政治活動用ポスターの印刷」も当日発送で対応可能です。

全国の自治体選挙管理委員会で若干のルールが異なる事も考えられますので、ポスターなどを制作の際には、自治体の選挙管理委員会に事前打ち合わせを行う事をお勧めいたします。


選挙だるまについて

いつもご利用ありがとうございます。選挙ポスターの印刷専門店です。

選挙必勝だるま62cm
選挙ポスターの印刷専門店では「必勝だるま」を取り扱っております。
「だるま」が、縁起が良いと言われる理由を皆さんはご存知でしょうか?

だるまの写真を見て頂くと分かりますが、
だるまの眉の部分には「鶴」
髭の部分には「亀」が描かれているのが分かりますでしょうか?
このような理由で縁起を担ぐと言われるそうです。

選挙ポスター専門店でも、新年の朝礼時に目標達成の目入れ式を行ったことがありました。
だるまは、選挙だけではなく、社員全員の団結力を深める意味で場が盛り上がりました!
機械はモノは、使い方次第で結果は大きく変わりますね。


編集後記
昨日は私の誕生日でした。家族が夕食にデパートの屋上で行っているビアホールを予約してくれたので
楽しみに行ってみました。しかーし営業しておらず・・・
昨夜は雨だったので、屋外のビアホールも営業できなかったそうです。
大きなパラソルを立てて雨の中ビールも楽しいかと思っていたのですが、
お店からも数回家族の携帯に電話はあったようですが、携帯を携帯せず意味もなかったようで・・・
ちょっと残念ですが、近いうちに仕切り直しで再訪問を予定しております。


ポスターの印刷で気に掛けて欲しい事

いつもご利用ありがとうございます。選挙ポスター印刷専門店です。
昨日の晩が、台風20号が通過して会社前のゴーヤ等の植木が南の風でやられて
「ちびまる子ちゃん」に登場する「花輪くん」のようなヘアスタイルになっていました。

ゴーヤ等は網を這わせていますが、網が破れなかっただけ良かったのかとも思えます。
これから台風がどんどん上陸する季節です。出張時の飛行機が心配な時期に入ってきました。


さて先日の「選挙ポスターの印刷で失敗しない為に」と内容は似ておりますが、
印刷通販をこれだけ身近に利用できるという状態まで普及した事によりメリットももちろんあります。
印刷通販を通じて業界ではない一般の方がDTPのソフトを利用さえすれば、大量に印刷物を複製する事が出来てしまうのです。

しかし印刷業界に携わる私たちの目からは、このようにも映っているのです。
最近は色にこだわる人が少なくなって来たね・・・とも聞こえます。

しかし、ちょっとした「確認や手間」を掛けるだけで、制作者様もさらに納得できる印刷商品が出来る事をご存知でしょうか?

選挙ポスター向け印刷調整画像
これは、何かと説明をしますと、今回参考にしてもらいたいサンプルの画像となります。
この画像データを印刷した物とモニターで見える画像を比較します。

印刷は、C M Y K
モニターは、R G B

このように色を組み立てる材料が違います。という事は、色味が異なって見えて当然なのですが、
その色味を調整する事も可能なのです。ほとんど印刷会社では、上記のようなサンプル画像の印刷媒体を
持っているはずなので、取り寄せてみると良いかもしれません。

当社でも無料の「資料請求」から送付する事が可能です。
どうぞご参考にしてください。


選挙ポスターの印刷で失敗しない為に

おはようございます!
いつもご利用ありがとうございます。選挙ポスター印刷専門店です。

選挙ポスターの印刷を行う上で、お客様のニーズがあがっている事

それは「簡易校正」に求める「クオリティー」があがってきている事です。

具体的に「簡易校正」の補足説明をしますと、
印刷前には印刷会社へ色の確認(色校正)を取る事が出来ます。

私が入社する20年前には、平台校正機という機械があり、校正だけを印刷する仕事がありました。
本印刷で利用する「インキ」を使って色校正を行い本印刷と同じインキを使うことで、ほぼ本印刷と同じ色味の確認が出来ました。しかし、高価だったわけです。

A3カラーフィルム×4枚 3,500円×4 14,000円
A3カラー刷版×4枚 3,000円×4 12,000円
カラー色校正×4枚 5,000円×4 20,000円

積算すると、46,000円 時間でフィルム出力×半日 刷版×半日 色校正×半日 で1.5日掛かります。
これが今だと簡易校正 A3サイズ 4,500円 本紙校正 30,000円となっているのですが、
簡易校正 A3サイズ 4,500円の商品が出た時には、画期的でした。
データをわたせば、当日発送でこの料金で色味の確認が出来ちゃうわけです。

選挙ポスター色校正

この画像の右側のような大判インクジェット印刷機で色味を手軽に確認が出来るようになったからです。
しかし、この4,500円の簡易校正については、あくまでも「簡易」なのですが、ここ数年で色味の精度をお客様が求めるようになってきたのです。色校正の選択肢が2つあり、安い方を選びながら本印刷と色が違うという事です。

色味を吟味する場合は、「本機校正」の検討を強くお勧めいたします。
納期についても、当日発送にも対応しておりますので、急なお仕事でも安心です。

今日は、無料のサービスでお薦めをご紹介したいと思います。

選挙ポスター向け印刷調整画像

選挙ポスター専門店の印刷色を確認する事が出来ます。
選挙ポスター専門店印刷色調整画像」のページをご覧頂くと、画像調整用のデータをモニターで見る事が出来ます。

選挙ポスター専門店印刷調整画像2選挙ポスター専門店印刷調整画像3

資料請求で確認できる上記印刷サンプルと画像データをモニターで較べると違いも確認しやすくなります。本機印刷の前にご利用を「全力で」お願いしたいと思います。

追伸
本日M&Aで事業継承というセミナーを受講してきました。
M&Aと聞くと「買収」というイメージが強いですが、成長戦略の為のM&Aを手段として検討してみませんか?という内容でした。確かに、企業の成長(売上や利益の拡大)には、M&Aという手段も大事ですね。買収するにしても、買収されるのしても。


選挙用必勝だるま、登場です!

おはようございます!
いつもご利用ありがとうございます。選挙ポスター専門店です。

やっとの事で「選挙用必勝だるま」の商品を掲載する事が出来ました!

6月に群馬県の高崎にある生産者様店舗へお邪魔して徒歩でウロウロしてから2か月!
あの苦労が形になりました。次は、実際にお客様にご利用頂き選挙で「当選」し喜んで頂くのみです。
それでは生産者様のお宅にお邪魔した内容をレポートさせてもらいます。


まず選挙だるまの商談時に見せてもらったのが「全国のだるまマップ」でした。
正直知りませんでしたが、日本全国には様々なだるまが存在します。だるまのルーツは、稲作が終わった農家さんが、手が空いたときにできる家内労働で生まれてきた商品なのだそうです。


このようなPP袋に入った状態で、選挙だるまが仕上がるわけですが、新聞紙を使った緩衝材で段ボールで梱包されお客様の所に届けられるのですが、早速生産される現場を拝見しました。


選挙だるまを作っている納屋入り口です。ところどころに血しぶき?
失礼しました・・・だるまに使われている赤色塗料が現場を物語っております。


このような選挙だるまは、ワンピースで出来ているわけではなく成型型で「前・後ろ」に分かれて作ります。だるまの脳天から足元にかけて上下につなぎ目がうっすら見えるのが分かりますでしょうか?


この丸い土台を選挙だるまの底部としてくっつけるわけですが、数年かけてこの仕事がキチンと出来るようになると聞きました。


こちらが選挙だるまの底に丸い土台がくっついた状態です。選挙だるまが逆立ちしてカワイイです。


選挙だるまに「口」を書かれているのが、先先代の奥様になります。元気なおばあちゃまで、心を込めて丁寧に作られている感が伝わってきました。


こちらは、だいぶ前に利用されていた成型型(せいけいがた)なのだそうです。木製の成型型はひとつひとつが手作りの為、仕上がった時の大きさに若干の差が生じるのは、このためだそうです。
同じものが出来上がるというのも良いのですが、成型型が違えば1つ1つに個性があって良い気もします。


店舗1階では、ワールドカップサッカーロシア大会という事もり、サッカーを盛りあげる「サッカーだるま」もについての取材を行っておりました。左に座っている方が、地元のメディアのカメラマン方で、凄いカメラ目線でこちらを見てますが、一応ぼかし入れさせてもらいました。

だるま生産者様への訪問は2軒させて頂きました。道路を歩いていると右にも左にもだるまを製造している生産者様の工場をみる事が出来たわけですが、ほとんどは、新年初詣等で使われるだるまが多いようですが、今回選挙ポスター専門店が扱うだるまは「選挙用必勝だるま」です。選挙を通じてお仕事をしていなければ、だるまを扱う事も無かったのかもしれません。来年度の統一地方選挙に向けて楽しみが増えました。


政治活動ポスターの色補正

いつもご利用ありがとうございます。選挙ポスター専門店です。
以前コメントした内容に記事を追加にて再発信させて頂きます。

選挙ポスターや政治活動ポスターを印刷する際
デジカメ撮影したデータを、そのまま印刷データとして利用していませんか?

選挙ポスター専門店では、画像を扱うマイスター(職人)がおります。
以前は業務用のスキャナーを使って「リバーサルフィルム」からカラーデータを作っていたものです。

そのマイスター(職人)が、このような事をよく「ぼやきます」

ポスターの印刷で入稿されるデータだけど、もったいないなぁ・・・

どういうことかと補足すると、

デジカメデータは、光の三原色「RGB」データ
印刷用データは、色の三原色「CMY」データ
でできております。

色データのフォーマット(基準)が異なります。


選挙ポスター専門店で画像を扱うマイスター(職人)は、デジカメデータを
適正な印刷データ(CMY+K)に置き換えて作業を行っているという訳です。

色の補正作業も、以前のように高価な物ではありません。
一度お試し いかがでしょうか?


2017.1.12 記事
明けましておめでとうございます。
今年初めてのご挨拶がこんな時期になってしまう事に、まずはお詫び申し上げます。
そして昨年度「選挙ポスター専門店」をご贔屓にお付き合い頂きましたお客様に至りましては、本当にありがとうございます。本年度も更なるサービス商品の向上に努めて取り組んで参りたいと思いますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年度は、衆議院解散総選挙も聞かれたり、夏には、東京都議会選挙も予定されております。
東京都知事「小池氏」が中心となって作られる「小池百合子政経塾 希望塾」には、政治を学びたいという人たち4000人が集まっているそうです。講義は10/30(日)、11/12(土)、12/10(土)、1/14(土)、2/4(土)、3/4(土)の全6回で2時間程度で行われるそうです。次回は4回目という事で、1月14日に予定されております。塾という事ですから費用も発生するようです。一般男性 5万円 女性応援特別価格 4万円 学生応援特別価格 3万円(25歳以下)と設定されております。私も次回追加応募の際には、エントリーを検討してみたいと思います。

さて、本題の「政治活動ポスターの色修正」ですが、

0222  6330

このように政治活動を行う上での「政治活動ポスター

今では、印刷会社がまずは印刷できるような「完全データ」をお客様の方で準備する事は可能となりましたが、
体裁や写真の「質」については、まだまだ底上げできる余地がございます。

政治活動の内容が確認できればいいのです

このような趣旨であれば、当社がお勧めするご提案は別にご検討頂かなくて良いのですが、中身(体裁や写真)にこだわってしっかりした物を作りたい。このようなお客様の要望にお応えする商品があります。

画像補正_看板

画像を取り扱っている選挙ポスター専門店のプロが、お客様のデータを飛躍的に向上させる
このような商品となるのです。

irohosei_before_150×150

上記の写真は、最近手軽に使えるデジタルカメラで起こりやすい現象です。
全体的に霞んだ仕上がりです。光をバランスよく取り込んで撮影できる場所であればこうならないのですが、
暗い場所で撮影した時には、このようになりやすいです。また、RGBデータを印刷用のCMYKデータに変換した際にも起こりやすい現象です。

irohosei_after_150×150

選挙ポスター専門店では、このように、明るく美しい画像に補正するサービスがございます。
選挙ポスター専門店の「色補正サービス」という商品名になります。
写真データを印刷物に合わせたり、HP用に合わせたり、自由時代にデータを修正いたします。
データを入稿頂ければ、サンプルを無料作成も可能です。
選挙ポスター専門店のページを見たとお申し付けください。

編集後記
次期アメリカ大統領の「トランプ氏」の初めての記者会見ご覧になった方も多いのではないでしょうか?
私は今朝ニュースにて見ました。感想としては、毒舌というか「独裁者の会見」のように私の目には映っております。質問を繰り返したCNNのテレビ局には出入り禁止になるかもしれないと注意されたとか・・・
これからどのような「結果」を出していけるのかが、「トランプ氏」の腕の見せ所です。日本を含め世界のマーケットでは、動向を注視している。そんな状況ではないでしょうか。。。


長浜市議会議員選挙のスケジュール

長浜市議会議員選挙は、定数26人、2018/07/15告示 2018/07/22投票 立候補予定者説明会は、5/29(火)となっております。長浜市といえば、年間300万人の観光客が訪れるようですが、黒壁スクエアという伝統的建造物群を生かした観光スポットでは、古い街並みを一日楽しめます。中心部を離れると琵琶湖も望めビワイチを目指す私としては、今回のビワイチ終盤戦に楽しめるポイント予定となっています。

そろそろ選挙ポスターの印刷準備も、されているでしょうか? 何かのお役に立てれば嬉しいです。


選挙ポスターの印刷


後援会リーフレットの印刷


公選ハガキの印刷


光る選挙ポスターの印刷」の制作が復活しました!

光る加工のサンプルも送付可能です。「こちら」から資料請求下さい。

選挙印刷に関わるすべてのお客様に、分かりやすく割安にご発注ができるように今後も取り組んで参ります。選挙に関わる印刷物のサンプルの送付や特殊な仕様の見積もり依頼や問い合わせもお待ちしております。


多気町議会議員選挙のスケジュール

多気町議会議員選挙は、定数13人、2018/07/17告示 2018/07/22投票 立候補予定者説明会は、6/27(水)となっております。多気町といえば、紀勢自動車道が出来る前には、尾鷲や熊野へ向かうには伊勢自動車道の降り場でした。ここからは、国道42号線を使っていたわけですが、今では、紀勢道路が出来便利になったようです。20代で三重県を受け持って営業活動をしていた頃が懐かしいです。シャープの多気事業所(スマホ・携帯端末・カーナビ用の液晶製造)が、多気町の経済を引っ張っていると言われるそうです。

そろそろ選挙ポスターの印刷準備も、されているでしょうか? 何かのお役に立てれば嬉しいです。


選挙ポスターの印刷


後援会リーフレットの印刷


公選ハガキの印刷


光る選挙ポスターの印刷」の制作が復活しました!

光る加工のサンプルも送付可能です。「こちら」から資料請求下さい。

選挙印刷に関わるすべてのお客様に、分かりやすく割安にご発注ができるように今後も取り組んで参ります。選挙に関わる印刷物のサンプルの送付や特殊な仕様の見積もり依頼や問い合わせもお待ちしております。


永平寺町議会議員選挙のスケジュール

永平寺町議会議員選挙は、定数18人、2018/07/03告示 2018/07/08投票 となっております。永平寺町は、以前は永平寺町と松岡町が合併し「永平寺町」が誕生しました。永平寺町といえば、曹洞宗の本山となります。北陸高速道から降りて中部循環自動車道というパイパスが開通して交通の便も良くなりました。福井県の観光名所と言えば「永平寺・東尋坊」が定番です。

選挙ポスター印刷専門店の本社工場のある地元、福井県下での「永平寺町議会議員選挙」です。
そろそろ選挙ポスターの印刷も、始まってくるでしょうか。何かのお役に立てれば嬉しいです。


選挙ポスターの印刷


後援会リーフレットの印刷


公選ハガキの印刷


光る選挙ポスターの印刷」の制作が復活しました!

光る加工のサンプルも送付可能です。「こちら」から資料請求下さい。

選挙印刷に関わるすべてのお客様に、分かりやすく割安にご発注ができるように今後も取り組んで参ります。選挙に関わる印刷物のサンプルの送付や特殊な仕様の見積もり依頼や問い合わせもお待ちしております。


越前市議会議員選挙のスケジュール

福井県越前市議会議員選挙は、定数22人、2018/07/01告示 2018/07/08投票 となっております。越前市は、以前は武生市と呼ばれ今立町と武生市が合併し「越前市」が誕生しました。福井県で福井市・坂井市続いて三番目に大きな都市です。日本三大菊人形(越前・二本松・枚方)のひとつ越前市では、たけふ菊人形祭りというのが秋に行われます。和紙生産の量&質が日本一とも言われる越前和紙は、絵画との相性が良く多くの芸術家に親しまれているようです。

選挙ポスター印刷専門店の本社工場のある地元、福井県下での「越前市議会議員選挙」です。
すでに、選挙ポスターの印刷は、始まっているようです。何かのお役に立てれば嬉しいです。


選挙ポスターの印刷


後援会リーフレットの印刷


公選ハガキの印刷


光る選挙ポスターの印刷」の制作が復活しました!

光る加工のサンプルも送付可能です。「こちら」から資料請求下さい。

選挙印刷に関わるすべてのお客様に、分かりやすく割安にご発注ができるように今後も取り組んで参ります。選挙に関わる印刷物のサンプルの送付や特殊な仕様の見積もり依頼や問い合わせもお待ちしております。